スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VAIO P使用感

2009/01/27

引き続き、電源をONにしてからのインプレッション。

実はまともにVista使うのは初めて。

起動画面で少し驚いた。BIOSじゃなくてEFIっぽいメッセージが。
珍しいのかな?それとも最近はEFIに移行しちゃったのだろうか?
普通の互換機のように、この段階だとCtrl+Alt+Delで再起動で
きるけど、いわゆるBIOS画面のようなものってあるんだろうか。



ズームアップ。



マニュアルの補足が書かれた紙片には15分ほど放置してくださいと
書いてある。なんか初期設定でいろいろとやるようで、ほんとに15分
ほど待たされた。
以前デスクトップにVistaを入れたときはこんなに待たされなかった
んだけど、何の設定やってるんだろう?

ようやくVista起動。AeroがOFFなので、つやつやボタン以外はあん
まりXPと変わらないなぁ。

とりあえず再起動。終了、再起動思っていたより遅く、どちらも大体
1分くらいかかる。

起動したら、コンピュータの管理ツールを使って、ディスク領域情報
を確認。下のスナップショットのような状態。



通常のシステムは2つ目、1つ目はリカバリ領域か、クイック起動
できるLinux領域か。

7.79GBだとリカバリだけで食っちゃいそうだな。だとするとクイック
起動はどこに?


このあとしばらく使ってみたけど、標準状態だとうわさどおりかなり
もっさりしてる。何をするにしても砂時計ならぬ青ドーナッツが表示
されて、いまいちレスポンスが悪い。
1.83GHzクロックとSSDの組み合わせでこれなんで、不要なアプリ
やサービスは全部切っちゃわないとだめっぽいな。

以上、VAIO Pで書いてみました。

小さな本体とまともに使えるキーボードの組み合わせは、それを
求めてた人には最高の組み合わせになりそうです。

ただ、キーボードがちゃんとし過ぎてるので、逆に持ち運びながら
使うというのにはちょっと向いてない。

BIOSがEFIになってたのは、時の流れを感じさせますw

しかし、標準状態の重さはなんとかしないと、ちょっとストレスが
たまりそうです。

次のエントリでは、バッテリーの持ち時間について。

Powered by ScribeFire.

コメント

非公開コメント

買ったか

かなりプルプル来たのだが、TypeZとTypeGを使っているので今回はスルーした。
こちらはTypeZがSSD構成のVistaだが、もっさり感は無いです。
ただ、ネットワークドライブの使い勝手が悪い。なんとかならんもんかな?7待ちか?

今度、そちらに行ったときに見せてくれ。
と言うか、金曜日に出張入ったので今週末はそっちにいます。

>ぼび

CPUの非力さがどうしようもない壁になっちゃってますな。<VAIO P
PDA+αという位置づけを超えると、不満の方が大きくなりそうなマシンです。

ネットワークドライブに関しては、Vistaは実力以上に遅く感じるような
仕様になってるらしい。XPだとバックグラウンド処理になるところでも、
明示的にダイアログが表示されたままになってたり。

とはいえWindows 7は楽しみ。

さて、今週末ですが、土曜昼から月曜昼まで帰省してます。すまん。
もしよければ大阪でお声掛け下さい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。