スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VAIO P到着

2009/01/27

画像の影はあきらめて、しばらくはScribefireで。

VAIO Pが到着。まずファーストインプレッションを書いてみます。

といっても、すでにいろいろな記事で触れられており、同じような
内容になっちゃいますが、

  • 本体ちっちゃい!キーボードちょうどいい!
  • BIOSじゃなくてEFIっぽい。ほんとに?
  • ブラインドタッチできるキーボード。だけど本体をちゃんと置いてじゃないと使いにくい。
  • もっさりひどすぎ。

ってなところです。
少しネガティブな印象もあるけど、この小ささは他に代えがたい
ものがあるので、まだまだ余裕で合格ライン。

荷物が届いたところにもどってインプレッション。
本体の箱は思いのほか小さい。通常使う分には何も関係ない
んだけど、やっぱりこういう部分で普通とちょっと違うとなんかう
れしいもの。


(エネループと比較)

早速箱を開けて、本体をしげしげと確認。ちっちゃいなー。良い良い。
通販では一番売れ行きが悪かったというグリーンを選択w



次はPの命ともいえるキーボード。十分ブラインドタッチできる大きさ。
そうそう、こういうのがほしかったのよー。
ただ、結構ちゃんとした姿勢じゃないと打ちにくい。
キーボードとしてちゃんとしてるからこそ、ひざ上とか片手持ちとかだと
逆に打ちにくくなる。持ち歩きにちょうどいいといっても、
ほんとのモバイルというより、最低限平らなところに置いて使う必要が
ありそう。



電源ONにしてからは次のエントリで。

Powered by ScribeFire.

コメント

非公開コメント

おおむかしまんべとは,小さい画面でもピクセルが多かったら良いとか,
そうでないとか,議論したような記憶があるなあ・・・
画面,快適に見えますか?僕の視力では厳しそう..

そういう僕は MacBook Pro 発注しました.公費だけど.
しかも日本に帰国するまで受け取れない..

>S.H.

いやぁ、昔は(も?)細かいことにこだわってたなぁw

画素が大きかった昔はラスタフォント派だったんだけど、
今はすっかりアンチエイリアス派になってしまいました。
パネルによっては200dpi超えてるし、8x8dotフォントなんて
嫌がらせとしか。

年齢的に小さい画面がつらくなってるのは僕も同様で、実際、
VAIO Pも画面の小ささが災いして、Vista標準の96dpiでは
まともに使えません。

大きいフォント設定の120dpi、できれば150dpiくらいにしたい
ところ。

しかし、Proかぁ、いいなぁ。

今のところAirで満足してるんだけど、性格的にもっさり状態が
あまり気になっていないとはいえ、きびきび動く高性能Macは
うらやましい。

それに、Slow Leopardが出たら最低限GeForce9400搭載のヤツ
じゃないと厳しいという記事があるので、ちょっと不安もあったり
します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。