スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初期不良?ああ、初回特典ですね。知ってます。

2010/02/20

最近記事にしたHDD-BOOSTとUMA-ISO、発売を知りすぐに購入してたのですが、実はどちらも初期不良を食らってしまいました。

初期不良を食らうと、金銭面以上に精神面のダメージが大きいのです。
新発売のものを買うのは、こまごました欠点はいいから、その長所となる機能を使ってみたい!と思っているからこそ。だからプレスリリースだけを信じて購入しています。
そのこまごました欠点が気になって残念ながら満足できないこともありますが、それは衝動買い・初物買いのリスクなので「ふざけんなメーカー、でもまあ許す」と苦笑いして済ませます。

しかし、これが初期不良となると、長所を試してみるどころか短所を体験することもできず、というかそもそも動かないので、非常に虚しくなります。
それに、初物買いって勢いなので、欲しい→すぐ購入→試す、という流れの速さが気持ちいいのに、試すのところで「おあずけ」されてしまうと一気にテンションが下がります。
他にも、スムーズに良品交換できれば御の字という現実もあります。例えば通販で買ったものだったりすると、問い合わせ、返品、再発送、受け取りと、メーカにとっても定型業務じゃないことをたくさんするので、まあたいていどこかで引っかかります。
結局良品が手に入るまでに1週間や2週間経ってしまいます。その頃には最初の勢いはもう無くなってて、初物を試す作業が、楽しみでなくただの動作確認になってしまいます。
こうなると、虚しさも倍増です。

まあ、初物買いなどせず、評判が出るまで待てばいいんですけど、実用だけで選ぶと、欲しいものってあまり無いのが寂しいところです。
ちなみに、HDD-BOOSTは1月末に購入、HDDケースの方は昨年末の通販受付開始後に即注文してました。

HDD-BOOSTの症状は、HDD-BOOSTが全く反応しないという症状でした。良品なら電源投入後、HDDからSSDへのコピーのため両方へのアクセスが発生しますが、アクセスランプが全く発光せず、マザーボードからのアクセスに対してもHDD-BOOSTが反応せず、デバイスとして認識されないという状態でした。
さらに、結構人気商品だということもあり、初期不良品の返品はできたのですが購入店での良品交換はできませんでした。運良く別の店でラスト1個の在庫があり、それを購入、前記事のように使ってみることができました。

UMA-ISOの症状はもうちょっとひどくて、HDDを装着して通電すると動作、しかしどうも香ばしい香りが…と思って慌ててケーブルを外して中の基板を見ると、インダクタのあたりが焦げてました。USBの5Vから中のLSIやHDDへの電源を生成している回路がダメだったようです。
こちらは日本代理店直販の通販だったので、返品交換になりました。交換されたものの基板を見てみると、焦げてたインダクタに、チップ電解コンデンサが斜めにハンダ付けされてました。久々に見る空中配線。
ちなみにUMA-ISOは、良品の方も、使ってるうちにISOファイル切り替え用のスイッチが、ハンダにクラックが入って取れてしまいました。ハンダ量が明らかに少なくて、これって実装不良だよなぁ、鉛フリーはつらいなぁとか思いつつ自分で付け直して復活。

大きなメーカの初物ならまだしも、アキバや日本橋に並ぶ面白そうな初物ってのは、ある程度はこういう覚悟が必要なんでしょうね。
それでも結局楽しいので、これからも初物買いは続けると思います。


コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。