スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3D映画に欠かせないただ一つのアイテム

2009/12/28

image1355073308.jpg既に話題の中心は『アバター』に集中しつつある3D映画ですが、先日、『カールじいさんと空飛ぶ家3D』を見てきた時に感じたというか痛感した事。

メガネ拭きが必須だ!

3D映画を見るときは、立体視のため写真のような専用の眼鏡をかけます。
しかしこの眼鏡、レンズが手のあぶらで汚れまくり!
お客さんが多かったせいか回収後の手入れが追いついてないんでしょうが、映像がギラついて観てられない程なのは困り物。
ティッシュやハンカチぐらいだと、あぶらが広がるだけで落ちません。マイクロファイバー等の専用の布じゃないと歯が立たないくらい汚れてます。
ホントは液体クリーナーで拭けば簡単なんだけど、どんなコーディングされてるか判らない以上、溶剤は使わない方がいいでしょう。

という事で、3D映画を見に行くときは、メガネ拭きを持って行きましょう!

コメント

非公開コメント

こうゆうの気持ち悪いですよね~

ゲーセンでタッチパネルのクイズゲームとか、画面が汚すぎて反応が悪くなってたりしますが、拭くにもハンカチが汚くなりそうで嫌なんですよね。

映画館、これまた今年の流行りのアルコールの消毒ジェルが設置されてると思うので、ティッシュに付けて拭いたら一撃なんですけどねえ^^; 殺菌にもなるし。
ただ、レンズへの影響を考えるとやんないほうがいいと思うので、頑張ってメガネ拭きでキレイにしましょう。

ゲーセンのタッチパネルは、店の人がガラスクリーナーで拭き上げてるから、遠慮なくキレイにしちゃいましょう!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。