スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HDDをSSDでキャッシュするパーツが出るらしい

2009/09/06

Akiba PC Hotlineに、HDDをSSDでキャッシュするパーツが出るという記事があった。

ここで紹介されている製品の場合、パーツ自体は3.5inchHDDサイズ、マザーボードともともとのHDDとの間に入るように接続して、リードはSSD、ライトはHDDという得手不得手を生かした動作になるらしい。

SSDの効果で最も体感するのは、OSの起動やきびきび動くという限定されたファイルへの読み出しという状況が多いと思われるので、このパーツのコンセプトは期待できそう。

30~60GB程度の高速SSDをバッファにして、1TBのHDDが使えたら、高速性のかわりに容量を犠牲にすることもないし、マザーボードとHDDの間に入るという構成上おそらくOSにも依存しないだろうし、利便性では非常にバランスがいいように思う。

これで十分評判が上がれば、Sunが提案しているような、DIMM型SSD(というかFlashROM)のスタンダードが決まったり、ハイエンドノートに搭載するリファレンスが出たりという状況になったら、また面白い製品が出てきそうだなぁ。

キャッシュ系の技術の常で、書き込み中のハングアップやOSの終了処理とかで、データに不整合が発生するという問題も出てきそうだけど、ライトがHDDだから回避はできるだろうし。

発売時期は未定だけど、企画倒れにならずにがんばってほしいなぁ。

コメント

非公開コメント

上海問屋のアダプタでReadyboost使ってみたよ。
計測してないけど、起動がかなり早くなった印象。
最近のSSDは激速なので、いいかもね。

>GON
おお、情報さんきゅ!ReadyBoostって、意外と効くんだね。
そういや、Windows7になってもまだあるんだろうか。

こないだ組んだWin7デスクトップで試してみる。
ちょうどAtomDCだから、CPU的にはパフォーマンス低いし。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。