スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MacBookにダウングレード

2009/09/01

どんどん涼しくなってくるこの頃だけど、これまでの暑さのせいで、うちのAirがふやけて分厚く…

なったわけではなく、初代Airから旧MacBook(13inch)に買い換えた。

買い換えたのは結構前の5月ごろ。モバイルルーターにチャレンジする記事でも書いたDoCoMoのデータカードを買った時。PC同時購入で30000円のキャッシュバックがあり、ちょうど英語キーボードのMacBookが中古で出ていたので、衝動的に組み合わせて購入してしまった。

買い換えの狙いは、先日発売されたSnow LeopardのGPGPU対応に備えるためと、RAMを増やすため。

初代MacBook AirはパワフルなGPUを積んでおらず、Snow LeopardになったときにGPGPUが利用できないのでなんとかしたいなぁと考えていた。

それと、メーラやIEのためにどうしてもWindows環境が必要なのだけど、Airだとメモリが足りず、VMwareを使うとswapがひどくて使い物にならなくなる。個人的に再起動は嫌いなのでBootCampは却下。となるとメモリを増設できないAirは手詰まりになっていた。

そんなことを常々考えていた時に上に書いたようにキャッシュバックとちょうどいい中古を見つけて、ちょうど一緒にうろうろしていた某友人からの煽りもあり、データカードと一緒にMacBookを買ってしまった。

CPUは1.6GHzから2GHzに、RAMは2GBから4GB(増設後)に、HDDは1.8" 80GBから2.5"160GBに、という変化はやはり大きく、何をするにしても非常に快適になった。
特に、VMware使用中のswapがほぼ皆無になり、H.246などの高負荷の動画を再生していてもCore2 Duoの強制クロックダウンも起きなくなり、衝動買いだったけど、結果としては非常に満足できる買い物になってひと安心。

キーボードが光らなくなったのはすごく寂しいんだけど、実用面ではもう大満足。

現時点だと、MacBook Proの13インチが安いしキーボード光るしでずっといいんだけど、英語キーボードと半年分の減価償却と思えば納得できる。

もともとのAirはオークションで売っちゃって、購入費用を補てんした。新しいオーナーの元で大事に使われますように。

コメント

非公開コメント

一緒にうろついてたのは俺か

Snow Leopardのファミリーパック買っちまった。

まんべも雪豹へGO

>GON

んだ。君だ。<一緒
勤め先の友人も、大半は無駄遣いゴリ押しするタイプなんだよなw

さて、懸案だった、VMwareのSnow Leopard対応は、一応終わていたようなので、いよいよチャレンジしてみようかと思ってます。64bit対応はまだみたいだけど、僕にはあまり必要無いし。

http://www.vmware.com/jp/support/fusion2/doc/releasenotes_fusion_205.html

MacOS X使ってての不満って、DRMがらみ以外は全くと言っていいほどないからなぁ。とりあえずAmazonにでも注文いれときますw
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。