新型Macbook Airを我慢するためにSSDに換装、そしてちょっとだけ落とし穴。

2011/01/09

11inch Macbook Airが発表されてから2ヶ月が過ぎました。理想のノートPCに近
かった初代Airに飛びついた私としては、さらに理想に近づいた11inch Airは、
もう即買いしてもおかしくないスペックで、その上あちこちのレビューやブログ
の良い評判を読むたびに、もんどり打って欲しがってたわけですが…。

春先に、車検と家賃の更新を控えている身にこの出費は無理です。

さてどうしようということで、現在使用中のMacbook(Late 2008、非Proで唯一ア
ルミボディのやつ)、せっかくGeForce9400MでSATAを積んでるし、SSDに換装する
ことにしました。

ところで、私にとっての新Airのポイントは、
・高速な起動/終了
・軽快なレスポンス
に尽きます。

もちろん、薄くてちっちゃいというのは非常に魅力的で、実際薄さに惹かれてあ
まりちっちゃくない初代Airを衝動買いしました。しかしその「遅さ」はいかん
ともしがたく、何も考えずに適当に使う、という私の最近のPCの使い方には不向
きで、メモリが増設できるMacbookに乗り換えてしまいました。

ところが、新型Airは、このあたりの評判がすこぶるいい!実運用で一番気になっ
ていたところがほぼ完全に解決している!もう買うしか!でもお金ない!
で、いろいろ記事を見ていると、これら体感性能を向上させている理由は、ほぼ
SSDの性能に拠るらしい。CPU性能が少々落ちても、体感は良くなっていると。

それでも1点不安があって、現在メモリを4GB積んでいるMackbookでも、結構swap
が発生していること。
VMwareを常時起動、SafariでGoogle Readerを上げていろんなページを開いたり
閉じたりを繰り返し、基本的に再起動しない、という少々ふぬけた使い方ですが、
ある程度使い続けるとプルダウンメニューひとつ開くのに数十秒かかるようになり、
VMwareに戻るとswapで1~2分は操作ができなくなり、最後にはレインボーカーソ
ルではなく白黒の腕時計カーソルが出るようになります。

ここまでくると一旦VMwareとSafariを終了してメモリを開放してあげなければな
らないのですが、新型Airに触れたブログの中にこんなものが。

「そろそろ MacBook Air (3,1) についてレポートしておくか」

…swapが気にならない、ですと!

決まった!SSDに換装する!そして新型Airは我慢する。

MacbookをSSDに換装して延命する決心がつきました。
先の記事にはSSDが高性能なのが効いているとも書いてあるので、まずは性能を
優先して、あとは値段が許す限り大容量で、最後に、特に悪い評判が無いことを
確認する、という順序で調査開始。

結果、CorsairのCSSD-F160GBP2-BRKTを選びました。ポイントは、

  • Random Accessが速い(swap高速化に必須。NCQありなら4kでもReadで100MB/s以上、Writeで60MB/s前後は出そう)。※http://ascii.jp/elem/000/000/535/535071/index-2.htmlの120GBモデル参照。
  • 価格がそこそこ。中身は180GBあるのに30000円ちょっと(価格設定が間違ってたのか、今は38000円前後)。

MacbookのHDD換装は、解説ページがたくさんあるので助かりました。
ディスクの中身は、SSDへのクリーンインストール後に、OS標準の移行アシスタ
ントを使って無事移動。なお、移行用に一時的に管理者権限のユーザを新規追加
して、そのユーザで移行アシスタントを実行しました。そうしないと、アシスタ
ントを実行しているユーザの自身の移行に失敗することがあるので。

移行後、改めて再起動。うわ、なにこれはやい!
Finderが開くまで、新型Airと同じく15秒程度。起動項目はあまり多くないので、
そのあたりが落ち着くまででも30秒掛かってません。Safariの起動も1バウンド。
VMware Fusionの起動も終了(仮想マシンのスリープ)も4~5秒とむちゃくちゃ
速くなってます。

ああ、いつもジャンクばかり買ってる身にとって、こんなにうまく行く買い物は
とても気持ちがいい。

最後に、調子に乗ってドライブのアクセス速度のベンチを取りました。MacOS X
では定番のxbenchを使用し、その結果は以下の通り。換装前のHDDの結果も。

<旧HDDベンチ結果>


<SSDベンチ結果>


うおー、速いよ速い!Random Accessは特に。HDDのRandom 4kが
Write 1.0MB/s、Read 0.44MB/sなのが、SSDだと130MB/s、11MB/s…。

あれ?思ってたよりReadが遅いかな?それに最大速度で150MB/s程度
しか出てない。もしかしてSATA1?

GeForce9400MはSATA2に対応してるし、このSSDもSATA2対応。
Macbook Proみたいに1.5Gbps設定になってたりするんだろうか?
でも、Proと違ってファームウェアアップデートが無いんだよな…。

体感上はおもいきり速くなったし、実際このランダム性能って新型Air
と同じくらいだし、まあいっか。

スポンサーサイト

あけましておめでとうございます

2011/01/01

年々不精が極まっておりますが、ご容赦くださいませ。
本年もよろしくお願い致します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。