ニコニコ動画とセカイカメラと

2009/09/30

先週の土曜、秋月電子の前でセカイカメラを立ち上げたら、すでに沢山のエアタグが
設置されてて吹いた。
ところが既にそんな程度ではないようだ。

Akiba PC HOTLINE!の記事によれば、タグテロやらリアル吹き出しやらで、とても楽しい
ことになっているらしい。
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/blog/archives/2009/09/sekaicamera.html

この記事を読んで、ニコニコ動画とセカイカメラの類似性を感じた。

ニコニコ動画は、動画のタイムラインという1次元上にある点を、
セカイカメラは、人間が移動する実空間という2次元上にある点を、
コメントやタグの置き場所として共有している。

コメントやタグを共有する空間という意味では、大昔から掲示板やチャットで実現は
されている。

ニコニコ動画ならそのまま動画コンテンツのあるシーンが、セカイカメラなら実際に
存在するある場所が、「最初に」「たくさん」用意され、そのうちのひとつにコメントする
際には「同時に」かつ「必ず」共有されるというのが、それまでの共有空間と一線を
画すポイントになってるように思う。

言い換えると、最初にたくさんのお題が出されて、それについて語れる場所だという
ことなんだろう。

そういう意味で、セカンドライフやそれに似たバーチャルモノが、ニコ動ような抜きん
出た共有空間になりきれなかったのは、強制的に共有されるコンテンツである
バーチャルな場所というものが、ユーザさんにとって本当に面白いものじゃなかった
んじゃないかと思った。

ということで、みんなが興味を持っているだろう「場所」に、手軽にコメントを付けれたら、
うつりゆくつぶやき場所として楽しいんじゃないだろうかと思った。

たとえば、ホットキーワードを検索した時の結果画面やGoogleニュースの各記事に、
つぶやき掲示板やTwitterのタイムラインが自動的に生成されると、みんなの気軽な
コメントがつらつらと出てきて楽しいような気がする。
スポンサーサイト

いつになったら、SSDは信用できるようになるんだろう?

2009/09/16

先日までMacBookAir(初代)を使ってたり、いまだにLOOX U(初代)が転がって
たりするせいか、1.8インチSSDでParallel ATAのドライブの記事があると、
換装?とか考えながらつい食いついてしまう。

PATA系1.8インチSSDの安い物が出たという記事
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20090912/ni_chana32.html


このSSDが採用しているというINDILINX製FlashコントローラをGoogleで調べた
ところ、SSDについていろいろと調査しているブログを発見した。
http://d.hatena.ne.jp/Lansen/20090711/1247309584
http://d.hatena.ne.jp/Lansen/20090729/1248884903

この記事を見ると、ブログ主の実験の結果、なんかウェアレベリング自体がタコ
だという推測が書かれている。実験結果を観る限り、確かに現時点でのSSDは、
なんかもう信頼性とかそういうレベルの話ができないんじゃないかと思った。

要するに、通常使用でもあっというまに書き換え回数上限に到達するセクタが発
生し、見る見るうちに不良セクタ増加→全体容量減少となりそうだということ。

上記のブログを読んで、読解力は無いけど自分なりに解釈した結果、現時点では
IntelかプチフリするJMF602あたりがウェアレベリングの点で信用できて、
INDLINXのはファームアップデートでどうなるか様子見、ということらしい。

PCに過分な耐久性なんて求めてはいないけど、それでも最低限、安心して使いた
いとは思っているわけで、しかしそういう望みを木っ端微塵にされてしまった感じ。

今の時点だと、メールや書類を入れるような十分に安心できるデバイスには、
SSDを使うのは怖いかやめといたほうがいいってことになるなぁ。

Interlink用に買ったSSD、どうしよう。

寒い!

2009/09/10

今朝、目が覚めるとやたらと寒い。
日差しは強いので、日向に居れば暑いと感じるし、実際気温もあまり低い訳では無い。

とはいえ、布団から出ようとした時、一瞬だけ寒いから出たくない、という思いが
頭をよぎってしまった。

9月だし、当たり前と言えば当たり前。だけどしみじみと夏が終わったんだなぁと
感じさせられて、ちと寂しい。

キーボードにこだわる。Emacsバインドにこだわる。

2009/09/08

キーボードが大好きだ。もちろん音楽を奏でる方ではなくパソコンにつなぐ方。

著名なキーボードマニアの人達には足元にも及ばないが、値段がそこそこの色モノを見つけたらつい買っちゃって、使いもしないキーボードが沢山貯まっている。

そのキーボードそのものよりもさらにこだわっているのが、キーバインド。

パソコンを触っているときは、ともかく手を動かしたくない。特に、ホームポジションでの手首の位置は1cmたりとも動くのはイヤだ。

そこでいわゆるショートカットキーを駆使することになるのだけど、これがまたソフトによって変わるし、そもそもショートカットキーが設定されてないことも多い。

そうなると、ちょっとした操作のたびにマウスに手を伸ばしたり、あまり使わないキーを押すために手を動かしたりすることになって、これがまたちびちびとストレスが貯まる。

それを解消するために「窓使いの憂鬱」(mayu)という強力なキーバインディング変更ソフトを使っていた。

このソフトのおかげで、WordだろうがExcelだろうがBeckyだろうがNetscapeだろうが、Ctrl-B/F/P/Nでカーソルを移動し、Ctrl-Spaceでマークし、Ctrl-Wでカットし、Ctrl-A/Eでカーソルを飛ばせる。

ALT-TABでアプリを切り替えたら、あとはマウス何それ状態で、キーボード操作に集中できていた。

だけどこのソフト、めったにないけどインストール済みのドライバ類との相性が出た時に大変だったり、最近だとVista以降で使えなかったり、なにより開発が終わっているという問題があった。

そんな感じでちょっと困っていたら、いつの間にか後継ソフトが開発されていた。

Yet Another Mado tsukai no Yuutsu(yamy)
http://sourceforge.jp/projects/yamy/


難しいことはさておき、完全にmayuの代替として使える。設定ファイルもほとんど流用できる。最近使い始めたけど、今のところまったく問題なし。

テキスト入力マシンにするつもりだったtype Pが、Vistaだからmayuが使えず、いまいち気持ちよくテキスト入力できなかったけど、これで復活しそう。

ほんとはMac用でこういうソフトが欲しいんだけど、どうも見つからない。ただ、Macの場合はそこまでキーバインドにこだわりたいと思わなくなっちゃうのが不思議。

いろいろ書いてるけど、Emacsにはまる前は「Aの隣はCTRL」「CTRL-S/D/E/X」の信者だったわけで、変わるときは変わるかな。いや、もうそんなに若くないか…。

充電池フェチなら欲しいよね?

2009/09/07

この間書いた、一部(だけ)で盛り上がっているモバイルルータが、I/Oデータか
らも発売されることに。

http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20090826_310901.html?ref=rss

データカード(L-02A)は解約しちゃったから、本体はまあ別にいいんだけど、オ
プションの電池ボックス(BA-BOX/AA8)がすごく気になる。
単3×8の電池ボックス。おそらく5V出力。ほしいな。こっちだけ買うかな。

iPhoneのフリック入力、そしてGraffitiの思い出

2009/09/06

まだ十分慣れてないせいか、いま一つフリックによるひらがな入力がスムーズに
できない。そこで、iPhone用のタイピングアプリを探してみようと思った。

とはいえいろいろ探して試すまでもなく、すでにレビューページがたくさん出来
上がっている。その中でも、以下のページが、複数アプリそれぞれの特徴をうま
く紹介してくれていて、わかりやすかった。

ところで、自分は基本的にありとあらゆる運動に対してかわいそうなんだけど、
それはそれとして、こういう体の動かし方の練習って大きく2つあると考えてい
る。ひとつは「型」みたいなもの、もう一つは「組手」みたいなもの。

そういう見方でみると、上のページで紹介されているアプリは、「型」の練習に
なるのが2つめと3つめ、「組手」の練習になるのが1つめ、という感じになる。

自分の場合、練習し始めは「型」の練習に重点をおいて、その次に「組手」にだ
んだんと移行していく、というのが気持よく練習できるパターンになる。要する
に、不器用でうまくいかないことが多いから、時間は多くかかるけど、簡単なこ
とを繰り返してうまくいかない時のストレスを小さめにしつつある程度までスキ
ルアップし、次のステップでの繰り返しのストレスを軽減する、というのが自分
には大事だったりする。成功体験によるストレス軽減ですな。

そういうわけで、2つめのソフトから入って、1つめのソフトに重点を置きつつタ
イピング練習をしてみようと思っている。

なんてことを考えつつ、またもや思い出話。

10年ほど前、PalmPilotを買った時、すべての文字(アルファベットと数字と記号、
EnterやBackspaceなど)を一筆書きで入力するというGraffitiに感動したのを思
い出す。

Graffiti

もちろん、ある程度の練習が必要なんだけど、標準アプリのなかにGraffieとい
う、いわゆる落ちゲー型の入力練習アプリがあって、単純でハマりやすくいつの
間にかかなり入力に慣れることができた。

このソフトのおかげで、一文字入力の「型」の部分と、ゲーム的にランダムに文
字を入力する「組手」の部分とが、ストレスなく練習できたんだろうなぁ。

慣れてしまえば、いわゆるペン入力の中では、今でもGraffitiに勝るものはない
と思う。

HDDをSSDでキャッシュするパーツが出るらしい

2009/09/06

Akiba PC Hotlineに、HDDをSSDでキャッシュするパーツが出るという記事があった。

ここで紹介されている製品の場合、パーツ自体は3.5inchHDDサイズ、マザーボードともともとのHDDとの間に入るように接続して、リードはSSD、ライトはHDDという得手不得手を生かした動作になるらしい。

SSDの効果で最も体感するのは、OSの起動やきびきび動くという限定されたファイルへの読み出しという状況が多いと思われるので、このパーツのコンセプトは期待できそう。

30~60GB程度の高速SSDをバッファにして、1TBのHDDが使えたら、高速性のかわりに容量を犠牲にすることもないし、マザーボードとHDDの間に入るという構成上おそらくOSにも依存しないだろうし、利便性では非常にバランスがいいように思う。

これで十分評判が上がれば、Sunが提案しているような、DIMM型SSD(というかFlashROM)のスタンダードが決まったり、ハイエンドノートに搭載するリファレンスが出たりという状況になったら、また面白い製品が出てきそうだなぁ。

キャッシュ系の技術の常で、書き込み中のハングアップやOSの終了処理とかで、データに不整合が発生するという問題も出てきそうだけど、ライトがHDDだから回避はできるだろうし。

発売時期は未定だけど、企画倒れにならずにがんばってほしいなぁ。

シャープの小型Linux機

2009/09/05

取材に対してシャープの人がいろいろ言ってるけど、やっぱりこれはりなざうだ
よね。


ただ、最近iPhone触っててつくづく思うのは、小型デバイスほどネットワーク接
続は必須ってこと。

以前は無線LANがあるだけでもすごいと思ってたけど、今となってはWAN接続でき
ないときっと不満が出てくると思う。

というわけで、今回は購入見送り。

15年ぶりの逆アセンブラ

2009/09/04

仕事ではなく趣味でなんだけど、必要が出てきたので逆アセンブラを検索した。いくつか使ってみて、ひとまず以下の2つが気に入った。どっちもフリー。

(1) OllyDbg
http://www.ollydbg.de/

某巨大掲示板で紹介されてた。すごいわーこれ。ともかく読みやすい。普通のexeを読むならこれが一番楽な気がする。

(2) Win32 Program Disassembler
http://www.geocities.com/~sangcho/disasm.html
http://www.geocities.com/~sangcho/

こちらは検索して見つけた。コンソールアプリ。結果はリダイレクトして保存。*.sysなんかも読んでくれるのが便利。

最近だと当たり前なのかもしれないけど、上の2つのソフトの高機能っぷりは、最後にアセンブラ読んでたのが学生時代(15年ほど前)で、そのころは市販品なんて高くて使えないからSYMDEBぐらいしか使ったことなかった人間にとっては感動モノだ。適当に逆アセンブルして読んでるだけで楽しい。

とはいえ何か作るわけでもないので、ほんとにひとり遊びなんだけど。

iPhone買っちゃった

2009/09/03

DoCoMo iPhoneに期待、なんて書いたけど、6月末にSoftbank iPhoneを買ってしまった。

モバイルルータにチャレンジした時にも書いたとおり、いつも使っているDoCoMo携帯とは別に、モバイル用にDoCoMoのデータカード(L-02A)を持っていた。

案の定モバイルルータどころかデータカード自体あまり使うことがなく、その上09年7月から解約金が値上がりするという話を聞いて、

・今すぐやめなきゃ解約金が高くなる。
・MNPなら5000円キャッシュバックがあるじゃない。
・やっぱりiPhoneほしいよなぁ。

ということを考えて、発作的にドコモからiPhoneにMNP。そして今、DoCoMoケータイとiPhone併用中。

僕宛てのケータイメール、DoCoMoのアドレスの、@の後ろをsoftbank.ne.jpにして頂くとiPhoneに届きます。

DoCoMo iPhoneの夢、そしてようやくDynabook

2009/09/02

AppleとAT&Tが、独占契約を解消するかもしれないとの記事があった。
日本でも独占契約を解消するとなると、やはりDoCoMoから出てくるのか?というのが気になるところ。

ところで、この記事中には、Verizon Wirelessが次世代(4Gとあるけど、LTEかな?)対応をAppleに要求しているという噂があるとも書いてある。

独占契約解消も、LTE開始も2010年あたりらしい。1年以上先に今と同等のiPhoneが出てもあまり嬉しくないだろうけど、噂のタブレットiPhone/Macなんかが同時に複数キャリアから出てくるなんてのを妄想。

本家Gizmodeの記事
Gizmode Japanの記事

iPhoneやMacは、様々な用途に使える可能性より、多くの人にとって実際に使えているという点が良くも悪くもポイントだと思う。

それがタブレットの形になって、さらにWANにつながったら、今度こそアラン・ケイのDynaBookの実現なのかな、なんて思ったり。

MacBookにダウングレード

2009/09/01

どんどん涼しくなってくるこの頃だけど、これまでの暑さのせいで、うちのAirがふやけて分厚く…

なったわけではなく、初代Airから旧MacBook(13inch)に買い換えた。

買い換えたのは結構前の5月ごろ。モバイルルーターにチャレンジする記事でも書いたDoCoMoのデータカードを買った時。PC同時購入で30000円のキャッシュバックがあり、ちょうど英語キーボードのMacBookが中古で出ていたので、衝動的に組み合わせて購入してしまった。

買い換えの狙いは、先日発売されたSnow LeopardのGPGPU対応に備えるためと、RAMを増やすため。

初代MacBook AirはパワフルなGPUを積んでおらず、Snow LeopardになったときにGPGPUが利用できないのでなんとかしたいなぁと考えていた。

それと、メーラやIEのためにどうしてもWindows環境が必要なのだけど、Airだとメモリが足りず、VMwareを使うとswapがひどくて使い物にならなくなる。個人的に再起動は嫌いなのでBootCampは却下。となるとメモリを増設できないAirは手詰まりになっていた。

そんなことを常々考えていた時に上に書いたようにキャッシュバックとちょうどいい中古を見つけて、ちょうど一緒にうろうろしていた某友人からの煽りもあり、データカードと一緒にMacBookを買ってしまった。

CPUは1.6GHzから2GHzに、RAMは2GBから4GB(増設後)に、HDDは1.8" 80GBから2.5"160GBに、という変化はやはり大きく、何をするにしても非常に快適になった。
特に、VMware使用中のswapがほぼ皆無になり、H.246などの高負荷の動画を再生していてもCore2 Duoの強制クロックダウンも起きなくなり、衝動買いだったけど、結果としては非常に満足できる買い物になってひと安心。

キーボードが光らなくなったのはすごく寂しいんだけど、実用面ではもう大満足。

現時点だと、MacBook Proの13インチが安いしキーボード光るしでずっといいんだけど、英語キーボードと半年分の減価償却と思えば納得できる。

もともとのAirはオークションで売っちゃって、購入費用を補てんした。新しいオーナーの元で大事に使われますように。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。