シャングリラダイエット - 意外な効果

2008/06/27

2週間経過。
食事のリズムは、朝抜きw-昼-夜、間食ほとんど無し、という感じで安定。
で、量はあまり変わってないので体重は変わってないのだけど、血圧が下がってきた。
一ヶ月ほど前、血圧高いよ!とお医者さんに怒られたところだったので、ちとうれしい。
次は体重だ!
スポンサーサイト

OpenSolaris - sambaのインストール

2008/06/26

最後に、sambaの起動。LiveCDからインストールすると、sambaサーバも入っていないので、Package Managerからインストール。GUIからsmbで検索すると見つかる。

パッケージのインストールが終わったら、webminからメンテナンスできるようになっている。ここで、Servers - Samba Windows File Sharingをクリックしてsambaのメンテナンス画面に入り、Edit Config Fileで直接設定ファイルを編集する。

[global]セクションに、
security = share
unix charset = UTF-8
dos charset = CP932
display charset = UTF-8
を追加。

共有フォルダセクションとして、
[mAgicDat]
writeable = yes
guest only = yes
path = /zpool0/mAgicDat
を追加。

あとはguest user accountをnobodyにして、/zpool0の下にmAgicDatフォルダを作成。

うーん、家の中だけ用とはいえ、セキュリティ甘いなぁ。

で、ここで問題発生。dos charsetとして指定しているCP932を認識しない。iconv -lで確認しても入っていない模様。どうも標準ではShift-JIS系の文字コードのことは全然考えてくれてないようだ。

xpなどだと問題ないのだけど、DIGITAL COWBOY製のネットワークメディアプレイヤーでこの共有フォルダを見た場合にうまく漢字コードを取り込めてない様子。

これについては引き続き調査しつつ対応するとして、ひとまずRAID 5(相当)サーバが立ち上がった。

OpenSolaris - zfsの設定

2008/06/22

NAS目的で選択肢をしぼるとき、非常に大きな要因になったのがこのzfs。段階的に要領を増やせる(かもしれない)ところ。「かもしれない」程度を最重要扱いすることの是非はスルーで。

といっても、評判通り、zfsのセットアップは非常に簡単。
基本的な流れは、
・ドライブの接続
・zfsへの登録
これだけ。

・ドライブの接続
zfsで使う場合、OSからドライブがハードウェア的に認識されていればいい。ただ、ここで少し手間取った。SATAだからホットプラグ(電源入れたまま認識)できると思ってたけど、残念ながら安定して認識はしてくれないみたい。今回は、HDDを繋いだ状態で起動して認識させたけど、今後ドライブを交換していくためには、ホットプラグやホットスワップの確実な方法を見つけていかなきゃ。
起動後は、formatコマンドで接続されているHDDのデバイス名を確認。このデバイス名を、次のzfsへの登録で使用する。

・zfsへの登録
zfsの使い方はいろいろなページで紹介されているけど、一番わかりやすかったのはここ。
FreeBSD-ZFS

今回は、zpool0という名前でroot直下に配置。

シャングリラダイエット - 効果が見えてきた

2008/06/19

一応、本に書いてある通りのことをして1週間、体重はまだ動いてないけど、食欲が明らかに減ってきた。
基本的に、少しおなかが空いた時、なにか食べたくて食べたくて仕方なくなってのだけど、この1週間、だんだんとそういう欲求が小さくなってきたように思う。
食事の時間になるとさすがに空腹感があるけれど、それ以外の時間の食欲(おやつ欲求とか)が納まった感じ。

順調、なのかな?

OpenSolaris - リモート操作関係の設定

2008/06/19

うは、スクリーンショット撮れるんだ
リンク先の筆者と同じ気分。俺もバカみたいだw。でももうしばらくテキスト備忘録。

さて、OSのインストールと画面の設定を終えて、直接のメンテはできるようになった。
次は、別のPCからいじれるように、最低限のリモート操作を可能にするように、
・telnetの許可
・webminのインストール
を設定。

まずはtelnet。おうちの中だけなので、セキュリティはちと保留。telnetの許可は簡単で、

# svcadm enable telnet

で完了。なんか昔と比べると簡単だなぁ。

次はwebmin。なんかいろいろな設定がブラウザでできるらしい。今はこんな便利なツールがあるんだなぁ。ほんとウラシマ状態だ。
OpenSolaris 2008.05 LiveCDからインストールした場合webminは入っていないので、システムメニューのPackage Managerを起動、webminにチェックを付けてインストール。

# 6/25追記 Package Managerで追加インストールするだけだと、webminにログインできず。対策は、/usr/sfw/lib/webmin/changepass.pl /etc/webmin root でrootのパスワードを再設定すること。以上、ここから情報入手。

これで、port 10000でブラウザで開けば、ほかのマシンからはwebベースで設定ができるようになった。

というわけで、簡単な設定は枕元のmacからtelnetで。便利便利。

OpenSolaris - 画面の設定

2008/06/17

インストールが終わって、HDDから起動。しばらくするとXが起動してログイン画面…あれれ、今時640x480。さっさと設定を変更しよう。

すぐにログインして、画面上の「システム」メニューから画面解像度の設定を選んでも、なぜか640x480以外無い。

本来は、DDC経由で情報を取り込んで適切な解像度を設定するらしいが、モニタが古くて情報がとれなかったようだ。

今回OpenSolarisを入れたシステムはnVIDIAのビデオチップを使ってるので、rootでnvidia-xconfigを実行し設定ファイルを作ってから、訂正:Xを再起動(一旦logoutして、再度loginする)。「設定」メニューから訂正:rootになってnvidia-settingを実行してnVIDIA画面設定ツールを起動すると、解像度や色数を変更できる。
ひとまず1400x1050を選択。ちとピンぼけだけど、まあまあ広いし、この設定で。

これで、今後の作業がしやすくなった。

OpenSolaris - 対応ハードウェアの確認とインストール

2008/06/15

OpenSolaris、インストールの前に、まずは手持ちのパーツで動くかどうかの確認から。
今回は、
・CPU: Athlon64 X2
・M/B: MSI製 K9N-BPM2-FID(Quadro NVS 210S)
・HBA: 玄人志向 SATA2I4-LPPCI(SiliconImage SiI3124)
を使うので、対応しているかどうかを、"Solaris OS: Hardware Compatibility Lists"で調べる。

…のだけど、なかなか見つからない。ようやく見つけたのがこのページ。気が付いてしまえば、↑のページの下の方にあったのだけど。

"Solaris for x86 Device Support"

このページで検索すると、M/BもHBAも対応しているみたい。OK。
PCを組み立てて、次はOSのインストール。

このあたりは、いろいろなページでインストール手順が紹介されているので、それらを参考にさくっと実施。

Solarisも選択肢がいろいろあったけど、LiveCDであることから、OpenSolarisを選択。

# 後々smbやらnetatalk入れたりするなら、Free Solaris 10の方がよかったかも。

うん、簡単にインストール成功。




OpenSolaris始めました

2008/06/13

十数年ぶりに、デスクトップPCを組み立てることにした。
目的は、NAS。できるだけ大容量で、ある程度トラブル対策のできるもの。

NASだけなら専用機があるが、やっぱり容量の割りに高い、容量を増やしづらい、トラブった時に手を出しづらいなどが気になって手を出せず。

そんなときに、会社の先輩からzfsを薦められて、いろいろ調べてみたらなかなかいい感じ。

・RAID 5相当のパリティ管理
・異なる容量のドライブを組み合わせることが可能。
・ドライブの交換や追加が比較的容易。
・ホットスペアもOK。
・でもOSはOpenSolaris。FreeBSDには移植されてる。

アクセス速度は求めてないので、これがベストチョイス。
zfsさえ確実に使えればいいので、本家のOpenSolarisをインストールする決心をしました。

私信:皮さーん、ノートPCの修理遅れてごめんなさい!今週末着手予定です。

シャングリラダイエット始めた

2008/06/12

チェックしているblogで紹介されていた、シャングリラダイエットというものを始めてみた。

紹介、といっても訳者本人のblogなんで実質広告だし、なんか怪しかったんでスルーしていたけど、不意に気になり始めて発作的に本を買ってスタート。

効果出るといいなー。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。